ハンドメイド裏話 | コバを蜜蝋仕上げに改良したよ

query_builder 2021/07/15
ブログ
0AF251CE-94C1-438D-A249-1CA0E7BEDB65


こんにちは。studio FAVORIのゆうです。



今日の話題は、ハンドメイド革製品の制作過程の中でも仕上げにあたる「コバ」の仕上げについて。

 

レザー好きな方ならすぐ分かると思いますが、本革というものが縁遠く知識のない方にも分かるようにまずはコバとはなにかを書いていきます。

 

 

 

 

 

「コバ」とは──つまり“木端”

 

根本的に、コバとは何なのか。

 

コバはもともと漢字で木端と書きます。単純明快で非常にわかりやすいですね。

 

つまりコバとは、革の切り口のことです。


750CF9BF-2BB1-4F7C-8412-A027ABA465E8


木端は文字通り木材の切り口のことを指していましたが、見た目も似ていることからレザーの切り口にも同じ呼び名がついたようです。

 

現在では、革業界の専門用語として「コバ」が使われています(カタカナ表記が多いです)。

 

 

 

 

 

コバ処理の重要性

 

革製品の出来栄えを左右する大きな要素の一つがコバ。

 

特に手作りで革製品を制作する革職人がコバにこだわる理由は、製品自体の耐久性が高まるということがまず一つ。

 

そしてもう一つは、見た目が美しく仕上がるということ。

 

 

皆さんは、仕立ての良い革製品のコバを見たことがあるでしょうか?

 

革好きな方なら分かると思いますが、良い革製品のコバは本当に美しいのです。つやつや、ぴかぴか……もはや芸術の域。

 

一見やってもやらなくても変わらないような細かい部分に思えるかもしれませんが、このコバに時間をかけるかかけないかで仕上がりに天と地ほど差が生まれます

 

 

以下の画像の革のコバは、切りっぱなしで加工していない状態。


3C4CF332-26FA-4F76-B45B-911FF0282FF6



そしてつぎの画像が磨きの工程を経たコバです。


957EA669-FB2D-474C-8C7B-C0F339597A4F


パッと見て違いが伝わるでしょうか?

 

磨いたほうは面がとれてなめらかになり、且つ艶が生まれています

 

 

これだけでレザーのことをあまり知らない人でも、見ただけで「なんかいいな」「どことなくかっこいいな」と思えるような革製品になります。

 

コバは、細かいけれどとても重要な作品づくりの要素の1つなのです。

 

 

 

 

 

タンニンレザーに最適な“蜜蝋磨き”

 

そして今回の本題はここから(長くなってすみません…)。

studio FAVORIの革製品のコバ処理方法を少し変えたよーというお話です。

 

 

簡単に言うと、磨き剤1種類で仕上げていたところを蜜蝋仕上げにすることに。

 

蜜蝋で仕上げるメリットは、

 

  • より堅牢になる
  • 経年変化は変わらず楽しめる
  • 傷んでも塗布剤がボロボロと落ちてこない

 

などなど、たくさんあります。

 

色を塗り重ねるわけではないので、経年変化の楽しみもあるのはポイント高いですね(革好きとして)。

 

 

では蜜蝋でコバを仕上げたものを実際に見てみましょう。


F49B5875-CA1B-4DF0-8D8E-06E42E7E27F0


こちらは最新作の「横向きの二つ折り財布」のサイド部分。

蜜蝋効果でかなり艶が出ているのがお分かりでしょうか?



47D01544-03C8-4D50-A07B-E396EC42B017
CA981BCC-9F90-4129-9588-846A34E77EEA


「クラシックな革箱ペンケース/筆箱」のスミクロも磨いてみました。

 

スミクロの深みに艶が加わって上品な印象です。ビジネスシーンにもより馴染みそうな雰囲気。



CFBD0656-9ABE-4D16-BA6A-0E31216400E4


こちらは人気の「真鍮引き立つキーリング」です。

淡色の革だと少し色が濃くなりますが、このコントラストもまた良し◎

 

 

 

高級感も耐久性もアップできて、コバの経年変化は相変わらず楽しめる……良いことづくめな蜜蝋磨き。

これからはしばらくこれで革製品のコバを仕上げていこうと思っています。

 

お手にとっていただく機会がありましたら、ぜひコバにも注目していただけたら嬉しいです…🕺

 

 

 

 

 

結び

 

もはやフェチの領域とも言えるかもしれないコバの世界。

 

これまで全然知らなかったという人にとっても、新しい発見・革や革製品に興味を持っていただくきっかけとなれば、是れ幸い。

 

 

 

私も日々腕を磨いていきます…!

 

 

 

 

online shopはこちらから◎



NEW

  • リップクリームやシャチハタの専用ケース。lip balm holder

    query_builder 2021/09/17
  • 特別なプレゼントに | 男性にも女性にも贈れる、革小物のギフトボックス

    query_builder 2021/09/12
  • 仕事用にも最適| オールレザーのA4が入るレザーリュック

    query_builder 2021/09/09
  • 本革の特徴 | レザーを敬遠してしまう理由

    query_builder 2021/08/31
  • シンプルを極めた、小さめ巾着バッグ

    query_builder 2021/08/21

CATEGORY

ARCHIVE