Blog

素材の特長やデザインの意味をわかりやすくご紹介します

ご自分や大切な方の暮らしにフィットする作品を探してみませんか

ディテールまでこだわって設計した革製品をご紹介しながら、作り手としての想いやショップとしての取組を発信してまいります。近年ではハンドメイドが注目を浴び、ものづくりを生業とする職人のみならず趣味や副業として楽しむ方も多くいらっしゃいます。しかし、実際にものを購入するときに作り手の心まで思い及ぶことは少ない、と切なくも感じます。そこで、私は一人の作り手としての想いをそっと書き留め、作品に込めたこだわりと愛情をお届けいたします。各アイテムのご注文、プレゼント選びの参考にご覧ください。

  • 20210324_031144990_iOS

    大容量でコンパクト。横向きの二つ折り財布

    2021/06/25
      こんにちは。studio FAVORIのゆうです。  本日は発売当初からご好評いただいている二つ折り財布のご紹介です。近年の急速なキャッシュレス化や小さいバッグの流行などが相まって、お財布の需要にも...
  • 20200829_102451784_iOS

    真鍮とレザー使いが贅沢な手作りキーホルダー

    2021/06/21
    こんにちは。studio FABORIのゆうです。さて、今回は当ブランドの作品の中でも人気のある「真鍮引き立つキーリング」をご紹介します。
  • 20200704_031145386_iOS

    本革の特性と愛すべき短所

    2021/06/14
    こんにちは。studio FAVORIのゆうです。今回はあまり知られていない本革という素材の製造過程と天然素材ならではの特性について、まとめてみました。   多くの革職人が発信してきた内容だとは思いま...
  • バッグ

    畳まない、お手入れ楽ちん。コンビニ用小さめ...

    2021/06/09
    こんにちは。studio FAVORIのゆうです。エコロジーからサステナブル、エシカルなどなど…環境保全への関心が高まり、こう言った考え方も世間に浸透してきました。2020年7月にはプラスチックバッグの有料...
  • オリジナル製品

    おしゃれな本革の仮置きマスクケース/マスクポ...

    2021/06/06
    こんにちは。studio FAVORIのゆうです。今回は実用と見た目を両立した、「本革のマスクケース」をご紹介します。     約1年前、世界が一変してからというもの、その影響は私たちのライフスタイルに...
  • カラビナ

    material | 革素材や金具について

    2021/06/01
    こんにちは。studio FAVORIのゆうです。今日は、studio FAVORIで使用する革・金具についてお話しします。   使用上の愉しみ方を知っていただくのはもちろんですが、レザーや金具の選び方にもブランド...

NEW

  • 新色追加 | 「German hook handbag」にスミクロが仲間入りしました

    query_builder 2021/10/16
  • 新色追加 | 「A4が入るレザーリュック」にスミクロが仲間入りしました

    query_builder 2021/10/05
  • 名入れ刻印サービス&キーリングリニューアルのお知らせ

    query_builder 2021/09/23
  • リップクリームやシャチハタの専用ケース。lip balm holder

    query_builder 2021/09/17
  • 特別なプレゼントに | 男性にも女性にも贈れる、革小物のギフトボックス

    query_builder 2021/09/12

CATEGORY

ARCHIVE

手仕事によって生み出したオリジナルの革製品とともに、ものづくりに込める想いをお伝えしてまいります。インターネットが発達した現代においては、「作ったものを売る」ことを生業にしている人は数多くいらっしゃいます。しかし、買い手の側からは、作り手の多様な心にまで思い及ぶことは少ないのではないでしょうか。作り手の想いに触れることで、ものへの愛着がより一層深まります。ほんの気まぐれでもお客様の目に触れ、こだわりの革製品を違った角度からも楽しんでいただけることを願っております。

私は一人の職人として、「デザインの存在価値は、暮らしの中で生きてこそ意味がある」という言葉を前提にしております。見た目が素敵なのはもちろん、「使える」ことによって初めて道具としての価値が生まれます。作り手としての心とお客様の想いを大切にしながらものづくりに励み、新作商品やショップとしての取組なども随時発信してまいります。